薬剤師の求人募集に応募して採用されました

総合病院の調剤薬局で働くことにしました

総合病院の調剤薬局で働くことにしました / 子供も手が離れ社会復帰をしたいと考えました / ここで働きたいという思いが強くなりました

高校生の時に、テレビで就職難やリストラに関する話題が頻繁に流れていました。
そのため自分の将来を考えたときに、手に職をつけた職業につきたいと考え、大学は薬学部を志望することにしました。
猛勉強の結果、現役で志望していた薬学部に合格することができました。
大学生になったら遊ぶことができると考えていましたが、入学した大学の薬学部は、教授が特に厳しくて、講義を数回休んだだけでも単位が貰えませんでした。
留年する学生も多く、しかしその中で自分は学費をこれ以上、支払いたくなかったので必死に勉強をしました。
そのかいあって、大学を卒業する年に受けた国家試験に合格して、薬剤師の資格を得ることができました。
大学では薬の開発について特に熱心に勉強したこともあり、大学在学中から研究機関で働きたいと考えていました。
しかし研究機関に就職したいと考える学生は多く、必死に就職活動をしましたが、希望していた企業の研究機関には就職できませんでした。
そこで薬剤師としての資格を生かして働こうと考え、実家近くにある総合病院に併設されている調剤薬局で働くことにしました。